フィラリアのお薬

フィラリアとは…

蚊の媒介により、心臓(おもに肺動脈)に犬糸状虫が寄生するために起こる病気です。犬と猫に寄生します。 フィラリア(犬糸状虫)は、蚊により媒介される犬や猫にとって恐ろしい感染症の一つです。フィラリアは数十センチもの長さになる寄生虫で、血流が妨げられることで、ペットにいろいろな障害を発生させます。

 

感染のメカニズムは、以下の通りです。

 

@フィラリアに感染した犬や猫を蚊が吸血し、蚊の体内にフィラリアを保有するようになる。
 Aこの蚊が別の犬、猫を吸血することで、ミクロフィラリアを感染させる。

 


心臓に寄生したフィラリア (フィラリアゼロ運動 様より引用。 http://www.filariasis-zero.jp)

 

 

フィラリアの感染の仕組みや予防方法について解説した動画です。大切なペットのためにご覧になることをぜひおすすめします。

 

 

 


 - 猫の体が小さいので、1匹だけの成虫でも命取りになる可能性がある。
- 犬の場合と違って、確立された治療法がない。

 

 

 

以下の動画の前半部分が、フィラリア感染のメカニズムを説明していてわかりやすいものになっています。

 

フィラリアに感染すると、3か月後には動物の体内でミクロフィラリアは血管内でソーメン状に成長します。フィラリアは動物の肺動脈を詰まらせることになり、心不全を引き起こします。

 

フィラリアにかかった犬の様子↓

 

 

 フィラリアが体内で成長してしまうと、かなり大変です。動物病院での治療ということもありえますが、救命率が低く、費用もかかります。フィラリアは予防が一番大切なのです。

 

 

 

・フィラリア感染と予防の重要性を解説した動画です
・いきなりフィラリア予防薬を使用してはいけない!
・フィラリア検査とは?
・費用がかかる病院でのフィラリア予防
・フィラリア予防薬は、1年のいつからいつまで使用すべき?
・フィラリア薬は、ネットで購入可能!かなり割安